scrap-it-to


早霧せいな女優デビュー作決定!『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』、花組退団者・宝塚ニュース2017/11/4

2017.11.04 17:09

宝塚にまつわる日々のニュースを配信中

 

2017年11月のまとめ
2017年10月のまとめ

 

 

早霧せいな・初舞台作決定!

宝塚歌劇団を2017年8月に退団。

初のコンサート『SECRET SPLENDOUR』に出演中の元・雪組トップスター早霧せいな(さぎりせいな)さんの、女優としての初ミュージカル出演が発表されました。

作品は「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」。

ブロードウェーで1981年初演、トニー賞最優秀スコア賞など4部門を受賞した作品です。

日本では1982年に鳳蘭(おおとりらん)さんの主演で「ミズ」というタイトルで上演されました。

相葉裕樹さん、宮尾俊太郎さんの他、宝塚のOG・春風ひとみ(はるかぜひとみ)さん、樹里咲穂(じゅり さきほ)さんも出演です。

宙組時代が樹里咲穂さんと重なるのかと思いましたが、どうやらニアミスで樹里咲穂さんは専科へ組替えされていたみたいですね。

といってもタカラヅカスカイステージの番組で司会もよくされている樹里さん。

今までに共演もあったでしょうから、チギさんも心強い先輩に支えられての女優デビューとなることでしょう。

  • 〔大阪〕梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ2018/5/19~27
  • 〔東京〕梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ2018/6/1~10

 




 

 

女優としてのスタートに、早霧は「髪を伸ばしたり、スカートをはいたり、話し方が女性の言葉だったり、今までとは違うかもしれませんが、作品を作る上の芯の部分は変わらないと思います」

(出典:日刊スポーツ2017年11月3日

 

もともと女性なのですから、男役時代とは確かにチギさんも変わっていかれるでしょう。

でもここで述べていらっしゃる通り、舞台人・早霧せいなの中にある、純粋さ、真摯な姿、舞台にかける情熱はこれからも変わらないと信じています。

そんなチギさんの女優としての初舞台、楽しみですね。

 

↓↓退団後初コンサート宣伝映像

 




 

早霧せいな出演『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』のストーリー

『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』は上述した通り、ブロードウェイでトニー賞を受賞した佳作です。

楽曲を手がけているのは『シカゴ』『キャバレー』『蜘蛛女のキス』を手がけた、ジョン・カンダー&フレッド・エッブ。

それだけでもワクワクしますね。

そのストーリーは・・・

その年の最も輝いた女性に贈られる賞“ウーマン・オブ・ザ・イヤー”の授賞式を控えた人気ニュースキャスターのテス・ハーディング(早霧せいな)。
お互い一目惚れでスピード結婚した風刺漫画作家サム・クレイブ(相葉裕樹)との新婚生活をスタートさせ、公私共に順風満帆の筈だったが・・・!?
バリバリのキャリアウーマン<バリキャリ>道まっしぐらのテスは、何よりも仕事が最優先。
気付けばサムとの関係には亀裂が生じ、早くも離婚危機に陥ってしまう。
愛するサムの事は大切にしたい、でも今まで築き上げてきたキャリアは絶対的なもの。そんな時、テスが取材をした亡命中の有名バレエダンサーの思いがけない決断が、彼女の心を大きく突き動かす。家庭と仕事、女性の本当の幸せは、果たしてどちらにあるのか?
キレっ切れのテス・ハーディングが目指すパーフェクトな人生とは・・・

(出典:宝塚ジャーナル

宝塚トップ時代のチギさんは、主演作全てが100%の稼働率という記録を残しました。

その点では、「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に匹敵するような宝塚トップ時代を走り抜けています。

ファンの目から見ると、パーェクトな宝塚人生を送られたようにも見える?

さてさてそんなチギさんと、主人公テスを重ね合わせて考えると・・・?

どんな舞台になるかワクワクです。

 




 

早霧せいなファンクラブ発足

↓↓エレガントな雰囲気になった早霧せいなさん

『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』出演が発表になり、本格的な女優活動がスタートすることになったからでしょうか。

新たにオフィシャル・ファンクラブも発足しました。


(出典:https://seinasagiri.com

その名前は・・・

オフィシャルファンクラブ TEAM SS

チギさんのイニシャルと共に、チームでチギさんを支えるファンクラブ。

そんなイメージのネーミングですね。

入会金 1,000円
年会費 5,000円
特典
  • 会員証の発行
  • グリーティングカード(年賀状・サマーカード)の発送
  • 舞台出演等のチケットお取次ぎ
  • お仕事情報などをお知らせするメール配信サービス(ご希望の方のみ)
  • 会員限定ページへのアクセス
申し込み 早霧せいなオフィシャル・ファンクラブ チームSS

 




 

花組&専科・退団者発表

2018年花組公演『ポーの一族』での退団者も発表になりました!

1名は11月4日付。

3名は花組公演『ポーの一族』東京宝塚劇場公演千秋楽付けです。

そして・・

専科で長らく活躍された、飛鳥 裕(あすか ゆう)さんも、同じく花組『ポーの一族』に出演。東京宝塚劇場公演千秋楽をもって退団されます。

 

飛鳥 裕(あすか ゆう) 62期生 2018年3月25日(花組東京宝塚劇場公演千秋楽)付
菜那 くらら(なな くらら) 93期生 2018年3月25日(花組東京宝塚劇場公演千秋楽)付
紗愛 せいら(さちか せいら) 94期生
紗愛 せいら(さちか せいら) 94期生
舞希翼(まいき つばさ) 100期生 2017年11月4日付で退団

93期、94期という中堅の娘役さんの3人の退団。

寂しくなりますね。

そして専科の飛鳥 裕さんの退団は、宝塚歌劇団の定年を迎えられるためと思われますが、多くの作品で作品を引き締める存在として活躍されてきただけに、惜しまれます。

何としても『ポーの一族』を観にいかなくては!

 


「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2017年11月のまとめ
2017年10月のまとめ

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する